事業用定期借地権

家を建てる事業用定期借地権は借地期間の存続期間は、事業用の建物所有を目的として10年以上50年未満の期間を決めて締結される定期借地権が事業用定期借地権です。公正証書により正しい契約が締結されることが要件となります。借地契約が終了後は、借地権者は建物を解体して土地を地主に返還する必要があります。違う契約は建物をそのままにして返却することもできますが、事業用定期借地権は土地を返還するときに建物を撤去するようにしなければいけません。

事業用定期借地権の特徴として、他の借地権に見られる建貸しに比べて収益性は高くないのが実情です。しかし収益性が高いことだけがメリットというわけではありません。事業用定期借地権のメリットとして、投資費用が少なく、契約期間満了後には更地の状態で現状回復して返却されるメリットがあります。

このように事業用定期借地権は解体費用がかからない、公正証書の作成手数料と印紙代だけで契約が済む、建物の建設費用の投資がいらないなどのメリットがあるからこそ、事業用定期借地権はリスクの低い活用方法としてとても人気があります。

土地の有効活用や借地権の種類などを見極めて、自分が所有している土地をどのように活用すれば良いかを見極めるようにしてください。

建物譲渡特約付借地権

建物譲渡特約付借地権は存続期間を30年以上に設定する借地権で、契約期間終了後は地主が貸した土地の建物を買い取る契約を取ります。建物を買い取ることで借地権が消滅する毛役です。建物譲渡特約付借地権は登記をする必要はありませんし、法律上は契約を書面に定めておく必要はありません。

相手と借地の契約をした後に建物を建てて借地として提供をするのが建物譲渡特約付借地権の特徴です30年以上の借地権として期間が存続しますので、しっかり契約書を記載しておいたほうが良いです。30年経過したら地主が建物を買い取って借地権の権利が消滅します

建物譲渡特約付借地権のポイントとして、借地権の契約期間が終了した後に建物が地主の所有物になるところが、他の借地権との大きな違いとなっています。もし建物に借家人がいる場合は、地主が家主になって家賃収入を得ることができるメリットがあります。借地人は建物に投資した資金を建物の売却費で回収することができます。

後から家賃収入を得ることができるので、貸した土地に建てる建物は、マンションやオフィスビル、貸店舗、社宅など様々な建物の活用をすることができます。ここが建物譲渡特約付借地権のメリットになります。

種類を理解する

地代を支払って他人の土地を借りる権利を借地権と言いますが、この借地権には様々な種類があります。存続期間が50年以上という長期的に借りる権利を「一般定期借地権」と言います。この一般定期借地権は借地権の存続期間を50年以上に設定しています。とても長い期間土地を借りることができるメリットがありますが、期間が満了したら一般定期借地権の権利が消滅してしまいます。

一般定期借地権は50年以上の契約をすることができるので、貸す側も長期的に利用する予定がない土地などを持っている人におすすめの借地権の種類となっています。土地を借りる側は建物の用途は限定されませんし、契約満了後は土地を借りた人は更地にして返還しなければいけません。契約している期間は契約の更新をしなくても良いですし、貸した側は必ず更地となって土地が戻ってくるメリットがあります。

一般定期借地権は契約中安定した地代収入が得られるメリットもあります。長期間にわたって安定した収入を得ることができるのも貸す側にとって大きいメリットと言えるでしょう。しかし一般定期借地権は長期的に土地を貸す人に向いているので、短期・中期で土地を貸したいと思っている人には不向きな契約となっています。

借地権の種類について

借地権について不動産を扱うときに様々な権利が発生しますが、お金を支払って土地を借りることを借地権と言います。第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てられる権利で、地主さんから土地を借りて建物などを建てるときに利用される言葉です。土地を購入したほうが良いのではないか?と思っている人もいますが、借地権にも様々なメリットがあるので、このメリットを活かして、土地を購入するのではなくて、地主さんから取りを借りているケースも多いです。

借地権のメリットとして自分の土地ではないので、土地に対する固定資産税や都市計画税がかからないメリットがとても大きいです。土地を購入してしまと、土地に対しても様々な税金が発生してしまいます。所有権を購入するより安価に支払う税金を安く抑えることができます。さらに借りた土地に建物を建ててから、借地権付き建物として借地権の権利を他人に売却する事もできるメリットがあります。

このように様々なメリットがある借地権ですが、これには様々な種類があります。この種類を理解していれば自分が土地を借りて建物を建てるときに、どのような状態なのかを把握することができます。借地権の種類は様々なものがあるのでここでしっかりと理解しておく必要があります。

当サイトでは様々な借地権の種類を解説しています。ここの解決でどのような種類があって、どのような意味合いを持っているのかを理解していただけたら幸いです。