借地権の種類について

借地権について不動産を扱うときに様々な権利が発生しますが、お金を支払って土地を借りることを借地権と言います。第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てられる権利で、地主さんから土地を借りて建物などを建てるときに利用される言葉です。土地を購入したほうが良いのではないか?と思っている人もいますが、借地権にも様々なメリットがあるので、このメリットを活かして、土地を購入するのではなくて、地主さんから取りを借りているケースも多いです。

借地権のメリットとして自分の土地ではないので、土地に対する固定資産税や都市計画税がかからないメリットがとても大きいです。土地を購入してしまと、土地に対しても様々な税金が発生してしまいます。所有権を購入するより安価に支払う税金を安く抑えることができます。さらに借りた土地に建物を建ててから、借地権付き建物として借地権の権利を他人に売却する事もできるメリットがあります。

このように様々なメリットがある借地権ですが、これには様々な種類があります。この種類を理解していれば自分が土地を借りて建物を建てるときに、どのような状態なのかを把握することができます。借地権の種類は様々なものがあるのでここでしっかりと理解しておく必要があります。

当サイトでは様々な借地権の種類を解説しています。ここの解決でどのような種類があって、どのような意味合いを持っているのかを理解していただけたら幸いです。