種類を理解する

地代を支払って他人の土地を借りる権利を借地権と言いますが、この借地権には様々な種類があります。存続期間が50年以上という長期的に借りる権利を「一般定期借地権」と言います。この一般定期借地権は借地権の存続期間を50年以上に設定しています。とても長い期間土地を借りることができるメリットがありますが、期間が満了したら一般定期借地権の権利が消滅してしまいます。

一般定期借地権は50年以上の契約をすることができるので、貸す側も長期的に利用する予定がない土地などを持っている人におすすめの借地権の種類となっています。土地を借りる側は建物の用途は限定されませんし、契約満了後は土地を借りた人は更地にして返還しなければいけません。契約している期間は契約の更新をしなくても良いですし、貸した側は必ず更地となって土地が戻ってくるメリットがあります。

一般定期借地権は契約中安定した地代収入が得られるメリットもあります。長期間にわたって安定した収入を得ることができるのも貸す側にとって大きいメリットと言えるでしょう。しかし一般定期借地権は長期的に土地を貸す人に向いているので、短期・中期で土地を貸したいと思っている人には不向きな契約となっています。