建物譲渡特約付借地権

建物譲渡特約付借地権は存続期間を30年以上に設定する借地権で、契約期間終了後は地主が貸した土地の建物を買い取る契約を取ります。建物を買い取ることで借地権が消滅する毛役です。建物譲渡特約付借地権は登記をする必要はありませんし、法律上は契約を書面に定めておく必要はありません。

相手と借地の契約をした後に建物を建てて借地として提供をするのが建物譲渡特約付借地権の特徴です30年以上の借地権として期間が存続しますので、しっかり契約書を記載しておいたほうが良いです。30年経過したら地主が建物を買い取って借地権の権利が消滅します

建物譲渡特約付借地権のポイントとして、借地権の契約期間が終了した後に建物が地主の所有物になるところが、他の借地権との大きな違いとなっています。もし建物に借家人がいる場合は、地主が家主になって家賃収入を得ることができるメリットがあります。借地人は建物に投資した資金を建物の売却費で回収することができます。

後から家賃収入を得ることができるので、貸した土地に建てる建物は、マンションやオフィスビル、貸店舗、社宅など様々な建物の活用をすることができます。ここが建物譲渡特約付借地権のメリットになります。