事業用定期借地権

家を建てる事業用定期借地権は借地期間の存続期間は、事業用の建物所有を目的として10年以上50年未満の期間を決めて締結される定期借地権が事業用定期借地権です。公正証書により正しい契約が締結されることが要件となります。借地契約が終了後は、借地権者は建物を解体して土地を地主に返還する必要があります。違う契約は建物をそのままにして返却することもできますが、事業用定期借地権は土地を返還するときに建物を撤去するようにしなければいけません。

事業用定期借地権の特徴として、他の借地権に見られる建貸しに比べて収益性は高くないのが実情です。しかし収益性が高いことだけがメリットというわけではありません。事業用定期借地権のメリットとして、投資費用が少なく、契約期間満了後には更地の状態で現状回復して返却されるメリットがあります。

このように事業用定期借地権は解体費用がかからない、公正証書の作成手数料と印紙代だけで契約が済む、建物の建設費用の投資がいらないなどのメリットがあるからこそ、事業用定期借地権はリスクの低い活用方法としてとても人気があります。

土地の有効活用や借地権の種類などを見極めて、自分が所有している土地をどのように活用すれば良いかを見極めるようにしてください。